FC2ブログ

ライブチャットブログ

ブルマプレイが大好き。中洲や出張先でのM男向け風俗情報も。福岡でM男を探している女性は声をかけてね。

升水美奈子ブルマ 酒井若菜ブルマ


ED状況における射精管理10

吉木りさ ブルマ

やっぱりアナルは苦手。
いくらほぐしてもらっても入れられる瞬間は嫌。
でも、前立腺は好きなんだよねぇ。

ほぐしている間にしぼんでしまいまして。
「あ~あ、結構重症かな~。前立腺でたてばいいけどな。」
「アナル苦手だし」
「だからしぼむのか。以前は結構持ちこたえてたのに。」

通常「勃起しない」ことを会話していると萎えるものだが、気にしなくなった。

ゆうねえの長い指(医療用の手袋してます)が入り、早速刺激。
「ふぐぅ」
その瞬間にまた股間が熱くなる、ちょっとづつ盛り上がっていくのもわかる。

「やったぁ、ちょっと元気になってきたね~♪、あんあんと可愛い声出してね」

いろんな声が出たみたい。
前立腺を刺激されたり、玉を握りつぶされそうになったとき、何故か高い声が出ちゃう。

「あら~また変な液が出てきたよ~、エッチな印~」
「ひぃぃ、逝っちゃう~」
「あら?もう?しょうがないね♪」
とさらに指で奥を付かれると

ペニスを触られていないのに逝っちゃった。
「やだ~ところてんしちゃったの?勝手に出しちゃって。玉にもたくさん溜まっているのに
 しょうがないなぁ。」
とペニスを一気にしごき出すゆうねえ。

「あひぃ、いくぅ。」
「2発目どうぞ」

短時間で2発は久々だった。

「溜まってたねぇ。気持ちよかったでしょ。」
「何となくスッキリしたよ」
「また来週も治療♪、今度は治療スタイルだからね
 前日オナニーは禁止。」








スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ED状況における射精管理9

U-718 ブルマ

「nanさんにジタバタ暴れられるのも大変だから腹ばいになって乗っかっちゃお。」
お尻を向けて腹ばいになって乗っかったゆうねえ。
「お尻とふともものタッチ、おさわりはOK。オマンコのタッチをしたら、即去勢ですから、わかった?」
「は、はい。」

そして睾丸マッサージ。
手で撫でられるといつも不思議な感覚になる、何故か力が抜けていくんだよね。
感じているから思わず声が出る・・・

「気持ちよさそうね、もっと声を出していいよ。」
「ああぅぅ」
「かわいい♪」
といった瞬間・・・
副睾丸へ。俺は叫び声。
「いや~ん、つまんだだけなのに。生卵の黄身をつまむような感じで優しくつまんだのに。
 そんなに痛いの?悪いんじゃない?もっと強くつまんであげる♪」
「ひぃぃ、ひぃい、シヌゥ」
その瞬間、一瞬だけ股間が熱くなった。
「nanさん、瞬間的だけど勃起角度更に上昇したよ、これ効いている!更にやってあげる♪」

その後、痛みで気を失ったのか、何なのかわからなかったが気がついたら、俺の胸元にはゆうねえのマン汁がべっとり。
ゆうねえは優しく玉をなでていた。

「気がついた?ちょっと痛かったかな?」
「よくわからん」
「結構びんびんになったよ。今はちょっとしぼんだ。」
「そう、ありがとう。」
「後は前立腺刺激して出しちゃお。」

続きはまた








ED状況における射精管理8

ブルマ

2分は何を考えていたんだろう?
覚えていない。
気がついたら
「2分経ったよ、男として金玉の痛みに耐え続けるのか、それともクリの大きな女の子として生きていくのか。
 どうする?」
「ひぃぃ、玉を取らないで、お願い、そして痛いことはしないで!!」
「だ~め。そんな都合のいいことなんて無いの。男の子として玉をぶら下げて生きるなら、玉の裏のプニプニをつまむ治療を受けないと。引きちぎるならそれで終了よ♪」
「わ、わかりました。」

笑顔のゆうねえは楽しそうな顔をして玉をなでながら
「仰向けで寝てくださいね~、痛いところがあれば言ってくださいよ、そこは悪いところですから。
 nanさんの玉はカチカチですね~。柔らかくするには結構痛いかもしれませんね。
 あっ、私はそんなものがないから痛みはんてわかりませんわ~」

ドSの女の子の責めるときの笑顔って本当に可愛いと思う。
これはプレイが終わってから気づくことである。
プレイ最中は痛みに耐えること、逃げることに精一杯。

続きはまた







ED状況における射精管理7

ブルマ

「いや、そこは痛いから」
「だめ、精巣上体のマッサージは大切なのよ」
前立腺 東京都 神奈川県(横浜市) 千葉県 埼玉県 |タイ古式出張マッサージ グランドスパのサイトで知ったそうな・・・

「玉は感じるけどそこは・・・」
「う~ん、じゃあ機能としてダメになるなら引きちぎっちゃおうか?」
「ご、ご勘弁を」
「せっかく私が射精を手伝っているんだから、気持ちよく出そうよ、たっぷりと。それも久々なんだし。」
「する気になれなかったんだよ」
「じゃあ玉の裏のプニプニをつまむだけでやる気になれるよ、ねぇ。前はたっぷり出していたでしょ」
と言いながら、玉を鷲掴みにする。
「ねえ、私の言うことを聞くでしょ、ドMのnanさん、勃起の角度も徐々にいい感じ。言葉責めも反応してくれるなんて」
「いやぁ、勘弁、ご勘弁を」
「ふ~ん、握っちゃおうかな。」

「あがやぁぁぁ、たすけてぇ。やめてぇ。」
「玉はいいんでしょ、我慢したら?」
「無理、無理・・・」
「ふーん、無理なんだ。じゃあ引きちぎる?いっその事無くなればスッキリするよ、私は生まれてこの方そんなものぶら下げてないし。どうする?2分考える時間あげる。どうしようかな~」

と言いながら、俺の顔を見ながら笑顔で微笑むゆうねえ。
玉を撫で回す。
みかとはちがって、笑顔は大人びて、きれいなお姉さんという印象。
その奥にひそんでいるものはサディスティックな・・・

続きはまた。






ED状況における射精管理6

ブルマ

俺は泣きながらゆうねえに、よくわからずに、何を考えていたのかわからない状態でということを言った。
「やっぱり男。本能よ。しばらく射精していないから変なものが溜まっているの。
 思いっきり出したらいいよ、涙も精液も。手伝ってあげる」
俺を抱いてくれた。
「でもね、さっきのように襲われたら怖いから、金玉は私がキープ。」
「ひぃぃ、それ、俺が襲われているじゃん」
「か弱い女の子に対してそれはないよぉ。ま、金玉の痛みとか私は知らないけどね。
 ゴメンね。」

俺は泣きながらいろいろなでた。
はっきり覚えていない。
ゆうねえはおちんちんと玉とその周囲をしっかりなでた。
「徐々に勃起してるよ、我慢汁も出てる。いい感じよ」
自分自身が少しずつ蘇ってきているような、そんな気がした。

「いい感じ。もっと、もっと」
やっぱり女の体を触るのは本当に嬉しい。
徐々に何をしているのかわかり始めた。

「おちんちんこちょこちょ~、くすぐったい?
 ほ~ら、こんなにエッチな我慢汁。
 もっと出してみる?前立腺とかいってみる?」

「う~ん、もう少しかな。」

「睾丸マッサージもしておこう。私の大好きな副睾丸もつねってあげないと」

続きはまた

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【エキセラブリーフ M】男性/3枚/前立腺/尿漏れ/パンツ
価格:1000円(税込、送料別) (2016/12/31時点)








次のページ