FC2ブログ

ライブチャットブログ

ブルマプレイが大好き。中洲や出張先でのM男向け風俗情報も。福岡でM男を探している女性は声をかけてね。

升水美奈子ブルマ 酒井若菜ブルマ


ブルマを・・・パラレルワールド 8

ブルマ

そんなに広くないお風呂なので、3人入ると密着状態。
女の体に挟まれる。
ベッドとは違う感覚もまたいい。

えみさんに股間を触られ
「後1回戦やる?またでかくなった」
と言われるが流石に無理。

「手コキで出させてあげる」
とこすられるが途中でしぼんじゃう。

「ま、いいじゃないの」
とゆうねえ。

「こんな大きな玉ぶら下げているの貴重なんだから、大事にしてあげてよ、えみ。」
「確かに大きいとは思うけど、あまり実感わかないな、そばに比べられるのもないし。」
「過去に触った感覚じゃあね」
「う~ん」
と言いながら玉を撫でまくるえみさん。
「わからんし、今度大学生の童貞いとこをいじめてみよう」
「あんた、お盛んね」
「だって結構好きだし、nanさんみたいに握っても許してくれる人なんていないし」
「まあね、大切なおもちゃだし」
「あまり元気ないけどね、私達がいるなら1人2発で4発くらいらくしょうと思ったけど・・・」

4発ってどれだけ絶倫なんだ・・・
無限に射精できるとか思っていないだろうなぁ・・・

そして俺はゆうねえに感謝の言葉と、お世話になったプレゼントで終わり。

「体の調子も良ければまたしたいんだけどね、流石におばさんになっちゃったし。
 nanさんはまだ老け込んじゃだめ。女は生理で自然に出るけど、男はオナニーだけじゃなく、相手もいて出したほうがいいらしいから」

「私が搾り取ります。ゆうさん、安心してください。金玉毎度空っぽにしますから」

「えみはこれからどんどん性欲高まる年代だからnanさんも覚悟ね。
 えみと都合がつかないなら、風俗でたまには処理してよ。」


えみさんはなかなかスケジュールが合いにくいので、適度にソープ、適度にプレイということになりました。

ブルマ スク水ブルマ スク水














スポンサーサイト
[PR]

[PR]

ブルマを・・・パラレルワールド 7

ブルマ


Eカップの胸に俺興奮。
そしてゆうねえは
「あまり動いちゃだめ、お尻にいれるんだから」
前立腺を刺激されてひぃひぃ、頭が真っ白。
完全にドライでイカされている。

眼の前にえみさんのおまんこ
ブルマを脱いでいたので、俺が舐めて掃除・・・

えみ「お、おう、nan、いってないで、おれのマン汁もっと出させろや」
俺が完全にイッているので、えみさんがどんなじょうたいかわからない。
えみさんも恐らく・・・

あとで聞いた話だけど、結構言っちゃって変なたわごとを抜かしていたそうな。
だから前立腺も途中でやめたゆうねえ。

気づいたら
「nan壊れちゃったかも」
という声。
「賢者タイムにしてあげたほうがいいな」
とえみさん

そして手コキでフィニッシュされて、なんとなくぼんやりの俺。

えみさん「2回目はちょっとしか出ないね」
ゆうねえ「ああ、しぼんじゃった、」
えみさん「3回目は中出ししてほしかったなぁ」


そして3人でお風呂に・・・

ブルマ スク水ブルマ スク水













ブルマを・・・パラレルワールド 6

ブルマ


金玉を責められるとどうしてもうずくまり、お尻の穴を見せてしまう。
ゆうねえ「ほら、おしり出して。」
えみ「俺達の指ちんぽでどんどん行かせてやろうぜ」
ゆうねえ「ほら、四つん這いになれよ」

ならないとあとが怖いので四つん這いに

えみ「玉を見ながら指ちんぽで刺激なんて俺にはたまらんよ」
と言いながらお尻にローションを塗ってゆっくりほぐす。

ゆうねえ「そうそう。ゆっくりしてあげないと本当に病院送りになっちゃうからね」
えみ「気をつけます」

ある程度時間が経ったら
えみ「このたまたま、ぶらぶらしやがって」
と平手で後ろから叩かれる

副睾丸直撃、おまけに見えないから大ダメージ。

ゆうねえ「爆笑、こんな不意打ちは見たこと無いな」
えみ「やりすぎたかな、声出ないね」

S女さんたち怖すぎです。
でも悶てしまいます。

ゆうねえ「さっさと四つん這い」
俺「はい」
逆らえない。

ゆうねえ「入れるよ、痛かったりおかしかったりしたら言ってね」
流石にそこだけは気をつけてくれる。
ゆうねえ「えみも入れるときはちゃんと確認して」
えみ「はいよ」

後は2人に前立腺をひたすら刺激される。
えみ「指ちんぽでガンガン攻めたら、マン個湿ってしまった、俺、nanに掃除してもらいます」
と俺の顔の前にマンコが来るように仰向けに寝そべる。
えみ「暑いな~」
と上半身全部脱ぐ。

大きな乳に俺も再度ヒートアップ!

ブルマ スク水ブルマ スク水













ブルマを・・・パラレルワールド 5

ブルマ モリマン

「まずは手コキでどのくらい出るか試さないとな」
と意気込みえみさん。
「待って」
と俺が声を掛けるも
「金玉どうなってもいい?」
と脅しをかけられると黙ってしまう。

「はいはい、聞き分けがいいね」
とゆうねえ。
仰向けに寝かされた状態の俺の顔の上におすわり。

ブルマ尻

更に興奮度アップ。

そのまま何も見えないまま、一気に手コキで攻められて1発目があっという間に放出。

「あと3発♪」
と言うえみさん。
「せめて俺らがいるから1発くらいはだそうよ」
とゆうねえ。

ソープで中折とかしているから、年齢的なものかな?難しい。

★すいかを、特に白い部分もしっかり食べると血流が良くなり、勃起力も回復するそうです。
 実際に実践中



ゆうねえは早速睾丸マッサージをしてくれる。
「えみに教えられるのもこれが最後かもしれないから、一緒にやるよ」
1発発射して萎えたおちんちんも少しずつ復活。

袋を引っ張り、そして女子の手で金玉が優しく包まれていくのに悶える俺。

えみ「こう?」
ゆうねえ「そうそう、優しくよ、優しく撫でるように」

えみ「面白くないな」
ゆうねえ「連射させたかったらこのくらい我慢しないと、nanさんもガマンだよ」

とゆうねえは副睾丸をつねる

おれ「ひぃぃ」
えみ「はははは、おもれ~」
ゆうねえ「ほら、じっとしなさい」

じっとできない痛さなのに

ゆうねえ「玉の裏のこのぷにぷに部分、ちょっとつまむだけ」
えみ「思い切り?」
ゆうねえ「わからんけど、nanさんダメになるよ」
えみ「それはだめだ」
つねられる

俺は悲鳴のみ

えみ「すごいよね、ちょっとつまんだだけなのにこの悲鳴。演技としか言いようがないははは」
ゆうねえ「この悶ている状態がかわいいよね」
えみ「わかる~」

俺は身を護るようにしてうずくまるだけ・・・・
でも痴女さんはそれだけじゃあ許さない

続きはまた

ブルマ スク水ブルマ スク水











ブルマを・・・パラレルワールド 4

ブルマ

ブルマを1枚取ったえみさん、いきなりパンツを脱いで
「おら、nan。マン汁舐めて拭き取れよ」

いつの間にか剛毛を相当刈り取ったようだ。

「おお~大胆だな」とゆうねえ
「今のうちに着替えたら?nanは俺のマンコに夢中だし、舐めるのサボったら金玉がどうなるかわからんからな」
とよそ見をさせない、ゆうねえへ配慮したえみさん。

モリマンで前付き、堂々と立っているえみさんに、膝立ちでマンコを舐める俺。
クリちゃんもちょっとだけ隆起する

「ちょ、ちょっとくすぐったいじゃねえか、ゆっくりなめろよ」
舌先でレロレロしちゃった俺。

その間にゆうねえは履き替え済み。
「履き替え終わったから、えみも履いたら?nanはもうビンビンじゃないか。
 脱がして汁を拭き取ってやらないと。」

すべてゆうねえに脱がされた俺は我慢汁などを吹いてもらう
「あ~あ、男の子の日だから汁が止まらないね、こいつ何発出してくれると思う?」
「4発くらい軽そうだな、2発出させて、1発ずつ俺たちのマンコで残り1発ずつってのは?」
とえみさん
「いいね~」
とゆうねえ。
4発も出ないよ・・・
「nan,4発くらい楽勝だろ?」
「無理~」
「マンコがうずいているのにそれはないだろ」
と挑発してくるえみさん。

ブルマを履いたえみさん、前付きモリマンなのでくっきり割れ目・・・
そして早速マン汁でブルマにシミ。

「もうマン汁出ちゃったのか」
「nanに拭き取ってもらうとき、クリいじられちゃった」

つづきはまた

ブルマ スク水ブルマ スク水












次のページ